プロパティ・マネジメント

「オーナー様利益の最大化」をめざす

オーナー様の代理人とは?

「オーナー様の代理人」とは、どのような存在をいうのでしょうか。

たとえば当社では、以前からアパート・マンションの運用に関して、完全にオーナー様側の立場に立つことを明確にしてきました。

オーナー様の資産を守り、高い運用益を提供することを業務の目的として、賃貸住宅の企画と運用管理を専門とする会社です。

仲介は不動産会社さんにお願いするスタイルです。

たまにインターネットなどを通じて仲介の依頼もありますが、お客様を案内したり決めたりするのは不動産会社さんにやってもらいますし、不動産会社さんが入らない場合は、もちろん当社が仲介手数料をいただくことはしません。

アメリカでは日本のような、「不動産業」と呼ばれるものは存在しません。

アメリカではこのような分業がはっりしていて、仲介はブローカー、運用管理はマネージメント、開発はディベロップメントと明確に区別され、それぞれ別業種の扱いで確立しています。

日本のようにひとくくりで呼ばれる「不動産業」は存在しないと言っていいでしょう。

日本における「プロパティ・マネジメント」(PM)

日本でも、2000年に入ってから「プロパティ・マネジメント(PM)」という言葉が業界で急に脚光を浴びるようになりました。
唐突ともいえる出現のしかたでしたから、耳慣れない方も多いでしょうが、不動産の証券化や日本版REITの解禁で、「どうやらアメリカではプロパティ・マネジメントが重要らしい」とマスコミが気付いたせいでもあります。

不動産を買うことは、プロパティマネジメントを買うという事

PMによって運用益、収益が大きく変わるので、アメリカ人に言わせれば「不動産を買うことはプロパティ・マネジメントを買うことだ」というぐらい評価されている業務です。

オーナー様の代理人役

プロパティ・マネージャーは直訳すれば不動産管理士になりますが、日本の賃貸管理とはずいぶん違い、
完全なオーナーズエージェント、オーナー様の代理人役を務めます。

まずオーナー様やクライアントの利益を最優先して考えますから、前述したようなブローカー業とマネジメント業を併用することはありません。

報酬もマネジメントフィーあるいはコンサルタントフィーという形で、すべてオーナー様からいただきます。

オーナー様から委託された物件を、資産運用の専門会社としての立場から賃貸不動産として運用管理して、その不動産からもたらされる収益を最大化することがプロパティ・マネージャーの役割になります。

RENOVATION

はじめに 『オーナー利益の最大化』を目指す 隠し事は厳禁。 相反利益とは? 自社の利益を優先しない
株式会社トラストエージェント

〒 530-0041
大阪市北区天神橋2丁目2番11号 阪急産業南森町ビル3F
TEL:06-6882-2112(代) FAX:06-6882-2115
Email : info@trustagent.co.jp

お問い合わせ

株式会社トラストエージェントは、
オーナーズエージェント株式会社に加盟しております。

新大阪リノベーションマンション【ヴィラ・フェニックス】